このサイトでは大阪の梅田周辺のレーシッククリニックについて、管理人Dr.オカダが本音で紹介していくから参考にしての。

梅田周辺には複数のレーシッククリニックがあるんじゃが、実際なかなか決めづらいんじゃ。

みんながまず気になるのは費用のことじゃろ。じゃが他にも重要な選ぶ基準があるんじゃよ。クリニックを選ぶ重要な基準は①実績(症例数)、②料金、③施術の種類、④施術機器、⑤アフターケア、⑥衛生管理が上げられる。これらを中心に考えて、最適なレーシッククリニックを選ぶと後悔しないはずじゃ。

大阪梅田

今すぐ梅田レーシックおすすめランキングを見る
 

 

大阪梅田のレーシッククリニックに異常アリ?!

登場人物
Dr.オカダ
登場人物A
自称レーシック研究家のDr.オカダ。長年日本のレーシックについての情報を発信しつづける。視力が回復して喜ぶ人の姿を見るのが生き甲斐。
アツシ
登場人物B
レーシックを受けたいが失敗を恐れて踏み出せない男性アツシ。コンタクトの煩わしさに日々ストレスを感じている。


男性S男性S

先生!梅田のレーシッククリニックを調べていたら、いつの間にか有名な錦糸眼科(梅田院)が閉院していて驚きました!しかももっと調べると、SBC新宿近視クリニックや東京近視クリニックも梅田から撤退・閉院していたんですけど!これはどういうことでしょうか?

Dr.オカダDr.オカダ

うんうん、驚くのも無理ないじゃろな。錦糸眼科といえば日本で一番最初にレーシックを行ったパイオニア眼科じゃ。その眼科をはじめ、多くのレーシッククリニックが閉院や撤退するなどして梅田から無くなっておるんじゃから。

男性S男性S

やっぱりレーシック自体がもうヤバいってことですか?

Dr.オカダDr.オカダ

いやいや、そうはやまるでない。レーシック自体はヤバくもなんともないよ。むしろ以前よりずっと安全になっておる。

男性S男性S

じゃあ何でこんなことになってるんですか?

Dr.オカダDr.オカダ

これは一部の劣悪クリニックが引き起こした集団感染症事件によるレーシックイメージの低下と、クリニック同士の過度な価格競争が招いた結果じゃ。

そもそもレーシック手術を行うには、その設備投資に多額の費用がかかる。衛生管理の維持も非常に厳格であり、イメージ低下で客足が減ったり、過度な価格競争で利益を圧迫されると、経営自体が非常に苦しくなるんじゃ。

じゃが、まさか錦糸眼科まで閉院になるとはワシも驚いたがの。

男性S男性S

そうなんですか・・・。じゃあ今の梅田のレーシックの現状はどうなっているんですか?

Dr.オカダDr.オカダ

梅田のレーシックの現状は、ワシからすれば不幸中の幸いと言ったところじゃ。つまり、日本最大手の品川近視クリニックと、二番手の神戸神奈川アイクリニックが梅田に残っているということじゃ。

レーシックは安全性や術後のことも考えると、大手クリニックで受けた方が安心なんじゃ。そういう意味でいえば、ワシがおすすめの品川近視クリニック梅田院が残ったのはラッキーだとも言える。

梅田のおすすめクリニック梅田レーシックランキング

  1. 品川近視クリニック 梅田院

    品川近視クリニック梅田院
    症例数も関西圏トップクラスの梅田院!

    大手ならではの質の高いレーシックは安心度大!総合的に優れ、常に最新のレーシックを提供してくれるので、目のことを考えれば品川はおすすめできます。万が一の再手術も無期限で無料も!

    ポイント「レーシック施術の質」や「費用の安さ」、「技術力」など、他のクリニックを頭一つ抜きん出ている。

    最安料金メニュー スタンダードレーシック 7万円
    おすすめの超安心施術 アマリス750Zレーシック 29.7万円
    これでも十分満足な施術 品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円
    激しいスポーツをやる方 ラゼック 16.5万円
    ※今まで東京院など一部のみで行われていたレーシック後カメラ(老眼治療)が、梅田院でも受けられるようになりました。今は老眼も安全に治せる時代になっています!

  2. ▼大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田3F

     

  3. 神戸神奈川アイクリニック

    神戸神奈川アイクリニック梅田院
    充実アフターケアが定評の大手眼科!

    非常に落ち着いた雰囲気の梅田院。有名人が紹介で来院する世界標準のレーシック技術は安心。サッカーの稲本選手や、タイガース和田監督も梅田院でレーシック済。

    ポイント 働いているスタッフの96.5%がレーシックを受けているのは安心。料金は高めですが安心できるクリニック。

    最安料金メニュー スタンダードレーシック 15万円
    おすすめの超安心施術 プレミアムアイデザインレーシック 40万円
    これでも十分満足な施術 iFS イントラレーシック 25万円
    激しいスポーツをやる方 ラセック 25万円

  4. ▼大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F

 

【※閉院した梅田のクリニック】

錦糸眼科 梅田院

※2015年5月閉院しました

錦糸眼科梅田院
日本で初めてレーシック手術をやった眼科

レーシックのパイオニア眼科としての知名度は高いが、現在は業界トップに大きく引き離されている。メインの施術はフェムトレーザーを用いたアイレーシック。

ポイント マイクロレーシックは6万円で受けられますが、これは古いレーシックであまりおすすめできません。

 

新宿近視クリニック 梅田院

※2015年9月25日閉院しました

新宿近視クリニック大阪梅田院
人気上昇中の優良レーシッククリニック!

新しいクリニックならではの柔軟さで、安心できる新しい治療を提供するレーシック眼科。大阪梅田院では4万件以上の経験豊富な医師が治療してくれます。

ポイント レーシック業界の伸び盛りの中堅どころといった印象。品川に比べて高く感じますが口コミも良好です。

 

東京近視クリニック 梅田院

※診療終了しました

東京近視クリニックの大阪梅田院
丁寧な対応が評判の少数精鋭のクリニック

懇切丁寧なカウンセリングや治療がモットーのクリニック。梅田院でもクチコミで評判の青山先生(新宿院)の診察・手術を受けることが可能です。要予約の順番待ちですが・・・。

ポイント 医師としっかりコミュニケーションしながらレーシックしたい方におすすめ。

 
 

梅田でのレーシック体験談①

レーシック体験談の投稿者
ちまおさん(31歳)大阪府 主婦
施術データ
医院:品川近視クリニック梅田院
術式:品川トリプルRプレミアムイントラレーシック?
費用:15万円ほど
時期:2011年2月頃

品川近視クリニック

手術を受けたきっかけ

梅田でレーシックを受けた女性私がレーシック手術を受けたきっかけは、旅友達がレーシック手術を受けたことです。当時、海外と日本をかなりフラフラと行ったり来たりしていた私の視力は0.1以下。コンタクトレンズは必須でした。

ワーホリだ世界一周だと何かと長い間日本を出ることもあったので、いつもコンタクトや洗浄液が荷物の大半を占めることに若干ストレスはありました。そして2011年、世界一周の1年近くを一緒に過ごした旅友達と日本で再会した時、彼女はレーシックをしていたんです。

私の中で、レーシックは遠い存在で、なんとなく敷居が高く感じていました。でも、あまりにもあっさりしてる彼女を見て、一気に現実味を帯びたのを覚えています。

詳細を根掘り葉掘り彼女に聞いて、すぐに同じ病院(品川近視クリニック)を紹介してもらいました。早速予約を入れて品川近視クリニックの大阪梅田院へ。
 

適応検査の様子

梅田の品川近視クリニックは眼科というよりコンタクト専門眼科のような明るい雰囲気。綺麗だし、居心地は悪くなかったです。

まず、初診では適性検査が行われます。これは、人によってはレーシックが不可能、または改善する余地がない可能性がある為、それをチェックするもの。

適性検査と言われていたので、簡単なものと思っていたら1日がかりでかなり疲れたことを覚えています。時間にゆとりを持って向かいましょう。

個々の検査自体は特に難しい物はなく、暗闇を足元の照明だけで歩いたり、眼科でよくある同じ絵が遠くに行ったり近くに行ったりする画面を覗き込んだりしました。

最後に医師からの説明がありました。先端恐怖症気味なので、眼の手術なんて恐ろしくて出来ないと思っていましたが、きちんと説明を受けて、覚悟できました。私の場合、角膜が厚いので2回レーシックが出来ると言われたのには驚きました。
 

どの種類のレーシックにするか決定

また、この時にどのタイプのレーシックにするかも決めます。当時で5万円くらいから始まり、4種類のタイプがありました。

金額は5万ずつ上がってく感じで、最後のだけ30万円くらいしました。何が違うかざっくりと言うと、見え方が違うそうです。5万円のタイプだと、視力はよくなっても平面的に見え、15万円のものだときちんと立体に見えると言うような説明を受けました。

友達は5万円のものを受けて満足そうでしたが、私はなんとなく15万円のものを選びました。それに、それが実際一番人気だとも聞きました。

30万円のものは、老眼にも対応してるような感じでしたので、当時20代だった私には関係ありませんでした。

この日は手術の日を予約して帰りました。長い一日になるので、暇つぶしグッズは持ってった方がいいかと思います。
 

手術の流れ

手術当日は、簡単な検査だけしてさっそく別室へ向かいます。

その日、一緒に手術を受けるであろう10人くらいの方々と円になり卓を囲みます。ここで看護師さんからシャワーキャップの様なものを渡され、みんなで被ります。

そして、手術の流れを小さなテレビでみんなで観ます。このシャワーキャップ集団が個人的にはかなりツボで、笑いを堪えるのがやっとでした。

そこから何部屋かある手術室へ順番に呼ばれていきます。2人ぐらいでシャワーキャップ姿でぼんやり待つのは面白すぎるので、早く名前を呼ばれたいもんです。

手術自体は、あっという間です。部屋は暗くて、機材などが見にくく、逆に変な恐怖心が芽生えませんでした。

先端恐怖症なので、眼をずっと開けていられるかとても心配でしたが、コンタクトもしてないのでよく見えないし、四角い赤いレーザーがゆっくり近づいてきたら少し目が熱くなるというのを両目するだけだったと思います。

その後は、少し別室で休んで、調子が良くなった人から帰れます。

もうこの時点でいつもの裸眼のボヤボヤよりも、ややハッキリしたボヤボヤに視界が変わってきます。確か目薬で麻酔をしていたので、痛み止めの点眼などをもらい、変なメガネを渡され帰宅しました。
 

レーシック後と目の状態

眼を保護する為の眼鏡なんですが、とても普段かけれるようなものではない、サングラスのようなもので、大阪の人混みを地下鉄で帰るのは、勇気が要るかと思います。

もう、この時点は裸眼でなんとか歩けますが、誰かに付き添ってもらうか、タクシーなどを利用することをお勧めします。

その日の夜になると、個人差があるようですが、麻酔が切れて痛むことがあると説明を受けました。

私は割と痛みを強く感じました。眼や眼の周りというか、頭というか、とにかくそのあたりがぐぅーっと痛く、ぼんやりとしか出来ませんでした。でも、私の友達は、そのまま遊びに行ったと言っていたので、個人差は大きいのかもしれません。

気づけば眠っていて、翌朝には、もうほとんど裸眼で見えてました。それから日を追うごとに見えるようになっていき、後日病院で検査を受けると2.0ありました。前々から左目にあった弱冠の乱視も治ってました。
 

レーシック手術から6年経っての感想

視力回復後の視界

小学生で目が悪くなり、中学からコンタクトが手放せませんでした。家族全員目が悪く、遺伝性のものだと言われていたので諦めてたんです。

でも、レーシックを受けて、こんなにもよく見えるなんて!と、とにかく最高の気持ちになりました。見えすぎて気持ち悪いこともあるくらいです。笑

受けるまでは、費用のことや、何よりも恐怖心が強かったのですが、あれだけのことでコンタクトのストレスから解放されるのであればもっと早くすればよかったと幸せな後悔も感じています。

心配していた費用に関しても、生命保険で4万円ほど請求できました。

数ヶ月は、寝起きに「あ、コンタクトしたまま寝てしまった」と思うことが数回あるでしょう。でも、もう必要ないんですよ!それから特に、目が悪くならないよう気を付けて生活してませんが、6年経った今も両目1.5はあります。

そうそう、術後しばらくは禁酒なので、お酒好きの人はしっかり飲み会の予定を立ててからレーシックに挑んでくださいね。
 

品川近視でレーシックを受けた結果と感想

梅田でレーシックを受けた女性

右0.02→2.0、左0.015→2.0

良かった点
当然よく見える。コンタクトレンズ使用によるストレスなし。
微妙だった点
特になし。

品川近視クリニック梅田院の検査WEB予約へ

 

品川近視クリニック梅田院の体験談

キャッシング希望の男性

【SHINYA 20代男性 会社員】 スタンダードZレーシック

私は昔から目が悪く、コンタクトを毎日入れるのが面倒でしたが、レーシックを受けるかどうか迷っていました。とりあえず相談してみようと、品川近視クリニックの無料の適応検査を受けに行きました。

梅田院の待合室にはレーシックに関するたくさんの本が置いてあり、またTVではレーシックに関する情報を流しており、興味深く見ていました。

レーシック手術を受けるかどうか決める前の「レーシックを受けられる目かどうか(角膜の厚さ)」を検査しました。

その検査の結果として、私の場合は問題なく受けられるという事、しかも角膜が分厚いので、2回は受けれる事がわかりました。

品川近視クリニック梅田院の体験談のつづき

大阪のレーシック手術を網羅!【おすすめ眼科の評判ランキング!】

 

レーシックの再手術で安心大!

再手術可能な方しかレーシック手術を受けられない

レーシック手術は、安全性が高く、視力を矯正するのにとても効果的な手術です。しかし、いくら安全で成功確率が高いと言っても、思うように視力が回復しないということもあります。こういった場合、患者さんからしてみると、「もう一度手術をしてみて欲しい」と思うでしょう。

レーシック手術は、眼の角膜を削り取って屈折の調整を行うというものです。つまり、再手術をするには角膜にまだ削り取れる部分があるかどうか、ということが重要となってきます。

いくら再手術をしたくても、角膜に厚みが残っていなければ、削り取ることは出来ません。削ることが出来ないのであれば、再手術をする意味がないのですから、当然再手術は出来ないということになってしまいます。

逆に言うと、削り取れる角膜がある場合には再手術が可能となります。医師から見て、再手術が出来ると判断されれば、再手術をすることは出来るのです。

また、眼科医の中には、有る一定の期間なら、再手術を無料で行なってくれる保障をしているところもあります。ただし、今までレーシック手術をした方で、再手術が必要になったという人はほんの少数です。レーシックの成功確率はとても高く、約95%の確率で視力は1.0以上まで回復しているというデータがあります。

確かに、ほんのわずかな割合で、視力が思うように回復しない方もいます。その場合、絶対に再手術出来ないということはなく、まずは角膜の厚みが残っているかが再手術の判断基準となるのです。