普通のレーシックについて

クリニックスタッフ普通のレーシック手術は、角膜を削る事により視力矯正をする手術ですが、手順の概略は次のようになります。

まず、マイクロケラトームと呼ばれる特殊なメスで角膜の表面を剥がして蓋に当たる部分を作ります。この部分をフラップと呼びます。

次に、フラップの下の角膜にエキシマレーザーと呼ばれるレーザーを照射して角膜の曲がり具合(曲率)をかえます。そして、その上にフラップをかぶせて手術は終わります。

なお、マイクロクラトームを使ってフラップを作るときには、角膜の表面の0.16mm程が必要になります。
 

イントラレーシックについて

イントラレーシック手術は、フラップを作る段階でマイクロケラトームを使わないで、替わりにイントラレーザーと呼ばれるレーザーを照射してフラップを作ります。後は、レーシック手術の場合と同じになります。

このイントラレーザーを使った場合、フラップを作るために必要な角膜の厚さは0.1mm程となります。フラツプの厚みはレーシックの場合より薄くなります。
 

どちらが良いのか?

レーシックとイントラレーシックの二種類の手術は、基本的にフラップの作り方が違うということですが、どちらが良いかというとイントラレーシックの方が圧倒的に良いと言えます。

理由は、比較の問題ですが・・・

・角膜が薄い場合や近視が強い場合でも手術が可能になる。
・フラップを薄く、正確に作ることができるので、手術後の見え方の質が向上する。
・夜の視力低下やハロ、グレイと呼ばれる街灯などを見たときのにじみやギラつきが軽減される。

といったものがあります。

欠点は、手術代が高いことです。これは、イントラレーザー機器が高価なためといわれています。補足ですが、エキシマレーザーにも種類が多く、こちらの機器代も手術代に反映しているということです。