若年、妊婦の場合

眼科の女性スタッフ18才から20才位までは成長期にあたり、近視の場合、安定せずにさらに進むことも考えられます。

ある程度視力が安定する20才以上の人でないと手術を断られることがあります。また、高齢者の場合も後述する病気などの理由で断られることがあります。

妊娠している女性または、出産後あまり日にちが経っていない授乳期にある女性はホルモンの分泌の関係で手術を受けられない事があります。

またレーシック手術による視力矯正を認めていない資格試験もあるので受験しようとする人は、注意が必要です。
 

角膜が薄い場合

手術を受ける医院の判断もありますが、ある程度の角膜の厚みがない場合は、リスクが大きくなるので手術を受けられない事が多いです。

角膜の厚みについては、日本眼科学会の基準があり、眼科医院はこの基準を守っているわけですが、医院によっては自主基準により安全率を上げて(角膜の厚みをより厚く)います。
 

目の状態が良くない場合

強度の近視や乱視の場合も、手術後の視力回復の可能性に対するアドバイスがあるでしょう。

角膜に病気がある場合、例えば円錐角膜などの場合。また、白内障、緑内障、網膜の病気などを患っている人は手術を受けられない事があります。

また、糖尿病などの場合、傷に対する治癒力の関係で手術を受けられない事があります。

微妙な所では受診する眼科医院によって異なりますので、あるところでは手術を断られて、別のところでは手術を受けることができた、というような事はよくあります。

もしレーシック手術が無理であっても、レーシックに近い手術の方法もありますので、そちらを検討してみることもできます。