クリニックスタッフレーシック手術は、その過程が二段階に分かれています。最初の段階では、フラップを作成します。フラツプとは、角膜の表面を極薄く削って作る蓋の役目をする部分のことをいいます。

次の段階は、フラップの下の部分を削り視力の矯正をします。そして、フラップ(蓋)をかぶせて終了します。

 

フラップ作成時に起こること

まれに、感染症にかかるリスクはあります。これは清潔でない施設で手術をすることにより起こりますが、大手のクリニックでは徹底した感染症対策を行っているので、今はそれほど心配はいりません。

フラップの位置がずれたり、フラップが取れてしまうなどフラップの不完全さが原因となる所謂手術の失敗があります。執刀医の技量が未熟なために起こります。しかし今はほとんどがコンピューター制御されており、執刀医はフラップを閉じる程度なので普通は考えられません。

フラップが混濁してしまうことがあります。また、角膜の歪みが原因の乱視等になることもあります。フラップを作るときに涙腺を損傷しますが、それが原因のドライアイになります。普通はしばらくすると治るようです。
 

フラップの下の部分を削るリスク

ハロ(暗いところで光源が滲んで見える症状)、グレイ(光源がギラつく)がでてしまうときがあります。角膜を削るときの誤差等が原因と考えられます。

乱視がひどくなることがあります。これも角膜を削るときに最初に予定したものとずれてしまうことが原因と考えられます。

角膜を削ったために薄くなりすぎて、眼圧により角膜拡張症を引き起こすことがあります。これは手術前の検討が甘かった場合起こります。
 

以上、手術後に起こる可能性のある症状を簡単に述べてみました。ここで述べたことは普通は起きない事です。ですがドライアイはほとんどの人が多かれ少なかれ経験します。そして、ほとんどの人は自然に治ります。

暗い場所で自覚することの多いハロの症状等も、時間と共に症状が軽くなることが多いようです。