女性スタッフ最新式のレーシックとして最近よく耳にする名前に「Zレーシック」というものがありますが、これはイントラレースと同様に最新式の機械を使用するところが特徴で、FEMTO LDVという最新式のものが用いられています。

このZレーシックは、言ってみればイントラレーシックの上位版となり、最大の違いは眼球への負担の軽減です。

Zレーシックでは、フラップの形成におけるレーザー照射の強さがイントラレーシックに比べておよそ7分の1で済みますので、周囲へのダメージが最小限に抑えられるんですね。

また小さなエネルギーで正確に切り取りフラップを形成しますので、術後にフラップを戻した際の収まりがよく、回復が早いという特徴もあります。

イントラレーシックの中でも最も進んだ技術によるものがZレーシックということですね。

今はまだ高額なので一部の人が受ける施術というイメージがありますが、これからは徐々にZレーシックが主流になってくると思われます。品川近視クリニックではアマリスZレーシックという施術が、最高級のレーシック施術として紹介しています。

Zレーシック
スイスのジーマー(Ziemer)社が開発したフェムトセカンドレーザーFEMTOLDVを用いて行うレーシックを、品川近視クリニックではZレーシックと呼んでおります。
ほとんどのフェムトセカンドレーザーはアボット社のフェムトセカンドレーザーと同様に角膜面に垂直に照射されてフラップを作りますが、FEMTO LDVは水平に照射されます。その結果、照射面はマイクロケラトームと同じょうに形成され、角膜エツジが鋭角なのでフラップが不安定となります。その結果、レーシックの合併症と同じへフラップ形成不全やエピセリウムイングロースなど、合併症の発生率が高まります。