クリニックスタッフ日本国内では2000年から始まったレーシックですが、年々技術が進歩するとともに新しい種類のレーシックも確立されてきました。そんな新しい技術の中心になるのが「イントラレーシック」という手術です。

このイントラレーシックでは、フラップの形成を行う際に、アメリカのイントラレース社が開発した「イントラレースFSレーザー」という機械を用います。この機械の名前からイントラレーシックと呼ばれるようになったんですね。

このイントラレースFSレーザーは、コンピューター制御されたレーザー光線によってフラップを形成し、従来よりも精密な処置が可能になっています。また切断面がとても綺麗に仕上がることから、フラップをとても薄くすることも可能にしました。

これは眼球への負担も軽く、術後のフラップに関するトラブルなどの改善にも役立っています。

今は品川近視クリニックなどでも、アマリスZレーシックを押しているようですが、これらは費用が高額になるため、実際にはイントラレーシックを主流と考えても大丈夫です。